いちたかガスワンの料金が高い?相場と口コミで適正価格を確認

「あれ?うちの光熱費って他の家と比べて高いんじゃない?」とお思いではありませんか?

結論からお伝えするといちたかガスワンの料金形態は複雑で、他社と比べて魅力的な割引プランがない為、高いと感じられるのであればお乗換えをオススメします。

その根拠について、いちたかガスワンの料金プランと相場の比較をしながら詳しくまとめていきますので最後までお読みください。

\30秒でできる!ガスの見直し!/

【エネピ】で簡単・無料料金診断をしてみる

 

いちたかガスワンの料金について

いちたかガスワンの電気料金プラン

いちたかガスワンの電気料金は下図の様に、基本料金・電気量料金・再生可能エネルギー発電促進賦課金(フカキン)の合計によって成り立ちます。

図のような基本の形はありますが、各会社によって支払い料金をお得にする為のプランがあります。

それでは、いちたかガスワンではどのような料金プランがあるのでしょうか?
※料金の比較は次章にてご紹介します。

エネワンスタンダード

アンペアによって異なる料金設定がある基本のプランです。

いちたかゴールド

いちたかガスワンのLPガスまたは灯油と併用すると契約できるプランです。

スタンダードプランより割引率が上がります。

いちたかプラチナ

①いちたかガスワンのLPガス灯油と電気をセットで契約

②いちたかガスワンのLPガスを契約し、エコジョーズ(ガス給湯器)を暖房と給湯で利用

①②のどちらかの条件を満たすと契約できるプランで、ゴールドプランよりも更に割引率が上がります。

エネワンLプラン

一般的な家庭向けプランです。

但し月々の電気使用量が少ない方には割高です。

エネワンLLプラン

お部屋の数が多い方や、電気をたくさん使う方にオススメのプランです。

いちたかガスワンのガス料金プラン

いちたかガスワンのガス料金の内訳は下図のようになっています。

電気料金のプランの様にガス料金でもお得な料金形態がないかな?と調べてみましたが、残念ながらいちたかガスワンの公式サイトには記載がありませんでした。

公式サイト以外にもクチコミサイト、ブログ、Twitterなどで料金に関して検索しましたが、ガス料金に関する情報は見つかりませんでした。

実はLPガスは電力会社や都市ガスの様に料金形態が1種類ではなく、事業者によって多種多様な料金形態が存在します。

現在資源エネルギー省が料金の透明化を図るため、標準的な料金をホームページなどで公表するよう事業者に求めています。

しかし2018年3月時点でLPガス販売事業者のうち料金形態をホームページ上に公表しているのはたったの30.2%でした。(出典:資源エネルギー省ホームページ)

今後ガイドラインに従って、公表する事業者が増えていくので、いちたかガスワンの情報が公開されたら情報を更新します。

 

料金相場から適正価格をチェック

前の章でプランをご紹介しましたが、実際金額がどのように算出されるのか気になりますよね。

こちらの章ではプランごとの料金を平均額と比較しながらご紹介します。

なお、札幌市のプロパンガス会社の料金詳細に関してはこちらのページを参考にしてみてください。

いちたかガスワンの電気料金を比較

北海道電力で一般家庭向けとされている30A・従量電灯Bのプランいちたかガスワンの30Aのプランを比較します。

エネワンスタンダード

北海道電力 いちたかガスワン



10A 334円80銭
15A 502円50銭
20A 669円60銭 629円40銭(40円安い)
30A 1,004円40銭 944円10銭(60円安い)
40A 1,339円20銭 1,258円80銭(80円安い)
50A 1,674円00銭 1,573円50銭(100円安い)
60A 2,008円80銭 1,888円20銭(120円安い)



120kWhまで 23円54銭 22円12銭(42銭安い)
121kWh~280kWh 29円72銭 27円93銭(1円79銭安い)
280kWh以上 33円37銭 31円36銭(2円1銭安い)

いちたかゴールド

北海道電力 いちたかガスワン



10A 334円80銭
15A 502円50銭
20A 669円60銭 629円40銭(40円安い)
30A 1,004円40銭 934円00銭(70円安い)
40A 1,339円20銭 1,245円40銭(93円安い)
50A 1,674円00銭 1,556円70銭(117円安い)
60A 2,008円80銭 1,868円10銭(140円安い)



120kWhまで 23円54銭 21円89銭(1円65銭安い)
121kWh~280kWh 29円72銭 27円63銭(2円09銭安い)
280kWh以上 33円37銭 31円03銭(2円34銭安い)

いちたかプラチナ

北海道電力 いちたかガスワン



10A 334円80銭
15A 502円50銭
20A 669円60銭 629円40銭(40円安い)
30A 1,004円40銭 924円00銭(80円安い)
40A 1,339円20銭 1,232円00銭(107円安い)
50A 1,674円00銭 1,540円00銭(134円安い)
60A 2,008円80銭 1,848円00銭(160円安い)



120kWhまで 23円54銭 21円65銭(1円89銭安い)
121kWh~280kWh 29円72銭 27円34銭(2円38銭安い)
280kWh以上 33円37銭 30円70銭(2円67銭安い)

比較すると若干安いんだけど、支払額の大部分を占める電気量料金がもっと割安にならないかな?

エネワンLプラン

北海道電力 いちたかガスワン



10A 334円80銭 314円70銭(20円安い)
15A 502円50銭 472円00銭(30円安い)
20A 669円60銭 629円40銭(40円安い)
30A 1,004円40銭 944円10銭(60円安い)
40A 1,339円20銭 1258円80銭(80円安い)
50A 1,674円00銭 1573円50銭(100円安い)
60A 2,008円80銭 1888円20銭(120円安い)



120kWhまで 23円54銭 25円00銭(1円46銭高い)
121kWh~280kWh 29円72銭 26円00銭(3円72銭安い)
280kWh以上 33円37銭 29円00銭(4円37銭安い)

エネワンLLプラン

北海道電力 いちたかガスワン



10A 334円80銭 314円70銭(20円安い)
15A 502円50銭 472円00銭(30円安い)
20A 669円60銭 629円40銭(40円安い)
30A 1,004円40銭 944円10銭(60円安い)
40A 1,339円20銭 1258円80銭(80円安い)
50A 1,674円00銭 1573円50銭(100円安い)
60A 2,008円80銭 1888円20銭(120円安い)



120kWhまで 23円54銭 27円00銭(3円46銭高い)
121kWh~280kWh 29円72銭 27円00銭(2円72銭安い)
280kWh以上 33円37銭 25円00銭(8円37銭安い)

たくさん電気を使用する家庭なら、LプランやLLプランが割引率が高くて良いね!
ただ気を付けないと120kWh以下だと、すごく割高になっちゃう!

いちたかガスワンのガス料金を比較

ホームページ上には基本料金の平均額の記載がありましたので、そちらを北海道のLPガスの基本料金と比較してみました。

北海道LPガス平均額 いちたかガスワン平均額
戸建住宅 2,097円 1,800円
集合住宅 2,400円

ただこの資料は北海道LPガスの平均額が2019年2月分(出典:石油情報センター)なのに対して、いちたかガスワンの平均額は2018年10月分(出典:いちたかガスホームページ)なので、寒さが厳しい2月のデータを出している北海道の平均額の方が割高な時期かもしれません。

また電気料金同様に、月々の支払額のメインとなるのは基本料金ではなく、従量料金です。

毎月払っている額は適正なのかな?と気になる方は、請求書にある使用量などをもとに一度お見積りをしてみましょう。

\30秒でできる!ガスの見直し!/

【エネピ】で簡単・無料料金診断をしてみる

いちたかガスワンのキャンペーン情報

いちたかガスワンは現在、下記のキャンペーンを行っております。

【新型コロナウイルス感染拡大に伴い、お客様へ特別なお値引き実施のご案内】

弊社いちたかガスワンは新型コロナウイルス感染症拡大によりその影響が多方面に広がっていることを踏まえ、弊社お客さまに対し日頃のご愛顧にお応えするべく僅かばかりではございますがご支援策を実施させて頂くことと致しました。

【対象となる内容と期間】1.エネワンでんき 2020年4月分基本料金 10%のお値引き
・対象のお客さま:検針日が4月中で基本料金のあるお客さま
・お値引き :5月のご請求書より対象金額をお値引き致します2.LPガス 2020年4月分基本料金 10%のお値引き
・対象のお客さま:検針日が4月中で基本料金のあるお客さま
・お値引き :5月のご請求書より対象金額をお値引き致します3.灯油(ガスワン灯油) 2020年4月給油・検針分 1㍑あたり3円のお値引き
・対象のお客さま:家庭用用途でホームタンク設置のお客さま
・対象期間 :4月中に納品および検針された先
・お値引き :5月のご請求書より対象金額をお値引き致します4.電気・ガス・灯油の支払期日の猶予(このうち電気については既報)
・対象のお客さま:緊急小口資金または総合支援資金の貸付を受けた方(要申告)
・対象商品 :LPガス、灯油、電力料金すべて(2020年3月、4月ご請求分)
・支払猶予 :支払期限をそれぞれ1か月間延長

【お問い合わせ】
「いちたかガスワン お客様センター」
フリーコール 0120-296-365(平日9時〜17時)

 

いちたかガスワンの口コミ・評判

札幌で東区のマンションに住んでいるのですが、マンションが契約している、いちたかガスワンという会社で料金が凄く高いです。

因みに今月の明細は
基本料金が2484

円、使用料が1.6立方メートルで959円、調整額が44円、合計4753円全て内税です。

調理やシャワーも殆ど使わずに生活しても、独り暮らしでこれだけかかります。

たまに知人が来て、親切ごかしに食器など洗おうものなら湯水のごとく(湯水なんですが(笑))お湯を出しっぱなしにしやがるので嫌な汗をかきます。
プロパンだからと注意してもさほど気にしてくれません。まさかこれほど高いとは思ってもいないのでしょう。
知人が数日来た月は、調理やシャワー等も含め請求額が八千円代になります。

プロパンガスは高いのはしかたがないのだろうと、今までこの環境で14年住み続けていましたが、先程偶然この知恵袋知ったのですが、同じいちたかガスワンなのに基本料が1800だとか全く違う価格を言っている方がいました。

同じ会社なのになぜこんなに差をつけられるのでしょうか?

(出典:Yahoo!知恵袋)

北ガスといちたかガスワンどちらが安いか?という問いに対して…

プロパンガスと 都市ガスなら、

圧倒的に
北ガスのほうが 安いです。

業務用の中華料理などで
金を気にしない
高火力が必要ない限り、

一般生活は

北ガスが 安いです。

(出典:Yahoo!知恵袋)

 

いちたかガスワンの特徴

いちたかガスワンは北海道札幌市中央区に本社を置くLPガス・灯油などを販売する企業です。

元々燃料やLPガスなどを取り扱っていましたが、2016年の電力小売り全面自由化から埼玉に本社を置くサイサンと提携し、エネワンでんきを扱うようになりました。

創業が1960年と歴史のある会社ですが、利用者にとって、いちたかガスワンを選ぶ際のメリット・デメリットは何なのでしょうか?

 

いちたかガスワンのメリット

・支払いにクレジットカードが利用できる

最近は光熱費の支払いでポイントが貯まりやすいカードが多いので、これは活用したいですね。

ちなみにJCB/VISA/MASTER/アメリカンエクスプレス/ダイナースクラブなど、たくさんのカード会社に対応しています。

・24時間365日対応の緊急連絡先がある

ガスの臭いがする時、地震や火災の時は不安ですよね。そんな時には緊急時連絡先に電話すると対応してくれます。

・暖房器具故障時には灯油ファンヒーターを無料で貸し出ししてくれる

・遠隔操作でガスを遮断してくれる

出かけた後に、火の消し忘れが気になったりすることはありませんか?そんな時に連絡すると遠隔操作でガスの遮断を行ってくれるそうです。

 

いちたかガスワンのデメリット

・大幅な料金削減は望めない

毎月大量に電気を使用する人には、LプランやLLプランでかなり安くなります。

しかし使用量が多くない方にはあまり魅力的な割引プランはありません。

・プランが複雑で分かりにくい

特にガス料金に関しては、セット割引などの詳細が記載されていないので料金が分かりにくくなっています。

・違約金がかかる

こちらは公式サイトの約款やよくある質問には記載がなかったのですが、個人が運営しているブログにて契約から1年未満の解約時に3000円がかかるという紹介がありました。

・料金が紙で通知される

これは紙媒体で確認したい方にはメリットですが、ウェブでまとめて過去データを見たい!という方にはそのような便利な機能は無いのでデメリットになります。

 

プロパンガス(LPガス)変更におすすめのサービス

ここまで「いちたかガスワン」の特徴やサービス、評判や口コミに関して様々な角度で紹介してきましたが、いざガス会社を変更しようとした時

「いちたかガスワン」よりも本当はもっとガス代が安くなるサービスがあるのでは?

と考える方もいると思います。

そして、今から別のガス会社の情報を集めて検討するとなると、さらに時間もかかり…かなりの労力が必要となります。

また、ガス会社を変更した場合にも、その新しい業者がはたして良い業者なのかは悪い業者なのか。

やはり個人レベルでは判断が難しいのが現状です。

ガス料金比較サイトに全てお任せする

それらの解決方法として一番簡単な方法は「ガス料金比較サイトに全てお任せする方法」です。

数多くのガス会社の中からそれぞれの家庭にあったガス会社や料金を提案してくれます。

情報量も一人で調べるより多くの会社で比較できる上に、最安値まで値下げする良心的な業者の選定をしてくれます。

個人で行うより、労力もかからず確実に値下げできますし、最近では1分もあればホームページで無料の料金診断が出来ます。

まず、ガス代が高いと思ったらガス料金の比較サイトから無料診断を行うのが良いのでしょう。

そして、当サイトでは独自にガス料金比較サイトを調査をして、その中でもおすすめの3サイトをピックアップしました。

こちらの3社の比較情報を確認し、比べながら使っていくことで自分にあったベストなガス会社が見つかると思います。

それでは上記の3サイトの詳細を紹介していいきます。

 

ガス会社を切り替えで電気代もお得にする方法

もし、ガスの切り替えをされるなら、あわせて「電気料金の見直し」もあわせてするのをおすすめします!

2016年4月に電気の小売りが全面自由化され、ガスだけでなく電力会社も自由に選べるようになりました。

それにより、月々の電気料金が安くできることが可能になったのです。

ガス会社によってはガスと電気、両方を取り扱っていて「まとめて契約」をされている場合もあります。

そうだった場合、ガスの切り替えと同時に電気をどうするかも考えなくてはいけません。

また、ガスと電気、それぞれ契約している場合でも一度見直しをしてみるのをおすすめします。

両方あわせて見直すことで、さらに月々の固定費を減らすことができるかも知れないからです。

注意事項はいくつかありますが、それもガスと同じく、電気に関してもあなたに合った電力会社を教えてくれる、乗り換えサービスの会社があります。

オススメの電力会社比較サイトと、全国展開している人気の新電力の会社をご紹介したいと思います。

電力会社を切り替える時の注意事項

電力会社を切り替えようとした時にいくつか注意点がありますのでお伝えします。

電力会社には対応できるエリアがある
スマートメーターの導入が必要
賃貸マンションなどは大家や自治会の承認が必要な場合がある

順番に解説していきますと…

電力会社には対応できるエリアがある
いくら電気料金を安くしてくれる会社を見つけたとしても、エリア外であった場合、その電力会社を利用することはできません。

なので、まずは

その電力会社は自分の住んでいるところを対象エリアをしているか?

をチェックされてから相談するようにしましょう。

スマートメーターの導入が必要
電力契約を切り替える際にはスマートメーターの設置が必要となります。

まだスマートメーターがついていない場合は、新しい電力会社と契約する際にスマートメーターを取りつけることができます。

設置されていない場合、工事が必要になりますが契約者が負担する費用はありませんし、立ち合いも不要です。

賃貸マンションなどは大家や自治会の承認が必要な場合がある
こちらはガスと同じく大家さんが一括契約(高圧一括受電契約)をしている場合、個人で切り替えることは難しいです。

もし、切り替える場合は一度、大家さんや管理会社に相談するのがいいでしょう。

〜まとめ〜

毎月たくさん電気を使う方には、エネワンLプランやエネワンLLプランに変更することでお得に利用できることが分かりました。

しかし、そこまで電気を使わない方にはあまり魅力的な割引プランはないようです。

ガスに関してはプランが複雑で明確な金額は紹介されていなかったので、平均額と比較することは出来ませんでした。

評判を見ても、いちたかガスワンはすごく高い!という意見が出ていますので「うちはプランが合ってるのかな・・・?」という方や「もっと安くできないのかな?」「他社に変えたらお得になるのかな?」と気になる方は一度お見積りをオススメします。

\30秒でできる!ガスの見直し!/

【エネピ】で簡単・無料料金診断をしてみる